そば寿司

作成者
kushirepiro編集部
参考調理時間
20分

釧路ではお馴染みのそば寿司。回転寿司でも流れていますね。

発祥を調べてみると、特に釧路というわけではなさそうだったのですが、「そばの街くしろ」とも呼ばれるほど蕎麦は釧路にとって馴染み深い料理です。

登場は江戸時代幕末から明治にかけてと推測されています。

残念ながら緑色の蕎麦を見つけることはできなかったのですが、味は近いものになったと思います。

卵やきゅうりなどの具材を入れて太巻き風にする地域もあるようですが、釧路のそば寿司は何も入れずに生姜の風味を付けたものが定番です。

材料(細巻き4本分)

材料
分量
そば(乾)
2束
焼き海苔
2枚
すし酢
大さじ2
おろし生姜
小さじ1/2

作り方

1

蕎麦は片側の端を輪ゴムで留め、規定の時間よりも1分ほど短くして茹でて冷水にとりザルにあげる。

2

すし酢とおろし生姜を合わせて、茹でた蕎麦にかける。

3

※輪ゴムで止めた部分と近くの中央部分は硬いので切り落として捨てる。

4

焼き海苔を1/2の大きさにカットしてすだれに乗せ、蕎麦を乗せて巻いていく。

5

4等分、または6等分にカットして完成。

ポイント

蕎麦はごはんよりも巻きづらいので、巻き終わりを下の方にして置いておくとくっつきやすくなります。

蕎麦を短く切って糊がわりに使うこともあるようです。